2019年12月26日木曜日

UADプラグイン導入のススメ2019

DTMやPCでMixをしている人の憧れのUADプラグイン。

最初に結論から・・・「UADは12月に買え!」です。

 Universal Audio社(以下UA社)の製品でオーディオI/Oやサテライトという製品に内蔵されたDSPにより動作するプラグインにより、高品質なプラグインエフェクトがPCの負荷を気にせず使用できるというものです。
 最近ではPCの性能が上がり高負荷のプラグインでも割と気にせず使用でき、Antelope Audio社のAFX2などの競合他社の製品が台頭した今でも、業界標準のひとつといえる地位を確立しています。
 
 前置きが長くなりましたが、そんなUADを導入しようとお考えの方の為に記事を書いていきます。

●概要
 まずUADプラグインはDSP内蔵のハードウェアがないと導入できません。そしてハードウェアとは別にUADプラグインを購入して使用できます。
 ちなみに購入したプラグインの認証が独特で、UA社のホームページにあるアカウントに所有するハードウェアを登録すると、そのハードウェアを接続しているPCでのみ購入したプラグインを動作させることができます。つまりインストールさえしていれば、複数のPCでもハードウェアの接続を変えるだけで使用できます。つまり複数のハードウェアを所有していれば複数のPCでも同じアカウントに登録してあるプラグインは同時に使用できます。
●おすすめのハードウェア
 Apolloのインターフェイス サテライト PCIe接続のサウンドカードなどがあります。
それぞれのバージョンによってSoloからOct(1個~8個)までの搭載されているDSPの数が違います。ちなみにDuoですと大体ひとつのトラックにプリアンプ、EQ、コンプレッサーを挿してリバーブとディレイをFXトラックに掛けたぐらいでDSPがフル稼働になります。
 オーディオに書き出しながら使うのならDuo、Mixで使用するにはQuad以上がおススメです。
 ハードウェア導入にあたり大きな壁があります。
 インターフェイス、サテライトともに接続がThunderboltです。多くのWindowsユーザーがここでふるいに掛けられます。USB3接続の製品もありますが旧機種となります。WindowsユーザーにおすすめなのはPCIe接続のサウンドカードです。PCIeの空きスロットが必要ですが、非常に安定して使えます。
 Macユーザーの方にはApolloTwinや、Apolloがおすすめです。今回は詳しく話しませんがユニゾンというプリアンプモデリング機能が使用できます。

●UADは12月に買え
 毎年UADは12月に大きなプロモーションを行っています。
 特に今年のApolloTwinのプロモーションは後々必ず購入する事のなるであろう1176コンプレッサーなどの製品が無料で付いてきます。詳しくはUA社ホームページをご参照ください。
 さらにプラグインのプロモーションも毎年12月には行われています。
 単体でのセールも魅力ですが、CustomBundleという好きなUADプラグインを3つ選べるバンドルが割引され、さらにもうひとつ好きなプラグインが選べるというオファーがあります。UADプラグインは単体が結構な金額になりますのでこのカスタムバンドルで、割引率の低い新作やリバーブなどの製品を導入しましょう。
 以上が12月にUADを導入することをお勧めする理由です。

2019年1月16日水曜日

2019年の目標

2019年も半月が過ぎてしまいましたが、本年度の目標をみっつ掲げます。
1、アニメーション を盛り込んだ曲動画を投稿する。
2、もうちょっと再生数を気にする。
3、機材、プラグインレビュー、ブログ記事&動画を投稿する。

以上です。
1は今でも動画ちょっとだけ動いてますが、紙芝居みたいにピョコピョコ動くんじゃなくてヌルヌル動くやつ作ります。

2はそのまんま、今まで作ってポイって感じだったんでもうちょっと宣伝していく。

3が一番話せば長くなるところです。
前々から機材好き、プラグインコレクターというのは自分で認識していたので、やってみたいとは思っていたものの、音楽やってるなら作品作ってなんぼという意識が強かったので控えていたところがあります。
 もともと自分は完全に趣味で音楽をやっているのですが、道具集めや勉強も含めて趣味の一環 だな、という意識に変化してきたのが原因のひとつです。

 さらに今年からはさらに深く「趣味の音楽」を追及していこうと考えています。
 趣味の音楽というとユルイ表現だと思われてしまうかもしれませんが、これからはそういうイメージを払拭するような存在を目指していきます。
 前から音楽の世界ではプロには表現できないものというものが存在していると思っています。そういうものをプロを嘲り笑いながら作っていければ本望です。

 以上長くなりましたが本年度第一回目の投稿でした。
 今年もよろしくお願いいたします!

2018年11月30日金曜日

ブログを再開する。

 2018年ブラックフライデーも終わり、我々DTMに携わる者としてはクリスマスセール、イヤーエンドセールと落ち着かない日々を過ごすことになるわけですが、そんな中僕も来年の抱負なんかも考えたりしてしまう時期となりました。
 さらなる飛躍などしたいものですが、特にプロ志向で音楽をやってるわけでもない僕だからこそしっかりと目標を持って取り組まないといけないな、などと思っております。
 
 話が変わりまして細々とブログもやっていたりするわけですが、長らく更新が途絶えておりました。
 実はそれには理由がありまして、初めは作曲やMixのTipsなんかを紹介出来たらなぁ・・・とこのブログを書きはじめました。そんな中他所のブログなどを拝見する機会などもございまして、いろいろ勉強もさせてもらったりしたわけです。
 そしていろんなサイトやブログを巡っていて、ネット上にこれ以上情報を増やす必要があるのか?などと思いはじめたのです。
 作曲法を探せばおすすめコード進行なんてのがわんさか引っかかる訳ですが、そういう情報に何か違和感を感じていました。そして自分もそういう情報を発信しようとしているのはどうなのかと思い、ブログを書く必要性を感じられなくなり更新を止めていました。

 ただ、せっかくなんだからブログとかも書きたい。特に音楽活動のほとんどがネット上なので何かしら発信したいという気持ちはずっとありました。


 というわけでブログを再開します。
 そしてちゃんとテーマとコンセプトを決めて書いていきたいと決心しました。

 テーマは「趣味の音楽」


 まずは自分が趣味の音楽を楽しむこと。そして趣味の音楽を楽しむ仲間を増やす事。趣味の音楽を聴いてもらえる人を集めること。
  これを活動の理念として展開していければと思います。

2017年9月18日月曜日

UAD2 Quad Customを導入。 3つを何を選べばいい??

久し振りにブログ書きます。

今回のお題UAD2 Quad Custom導入。
3つのプラグイン何を選ぶ??という話です。
実は、先日UAD2 Quad CustomのPci-eバージョンを導入したわけです。
 詳しくは割愛しますが、UAD2とはDSPで動作するVstプラグインです。プラグイン自体は実機をシュミレートしたものが多いです。

 ちなみにUAD2自体はDSPアクセラータというもので、処理をしてくれるだけで別途サードパーティー製のプラグインを買わないといけません。

 今回購入したCustomというやつはUADのサイトより3つ好きなプラグイン何でも選べるというパッケージになってます。(バンドルは不可。コレクションはOKです。)

  ここからが本題、3つ何を選べばいいだろう??ってお話です・・・が、僕はもう 3つ選んでしまいましたのでこれからCustomを導入を検討されておられる方の参考になるような記事を書きたいと思います。

 





ちなみに結果から・・・僕はこの3つに決めました。
Neve1073プリアンプ、LA2Aクラシックコレクション、Ocean Way Studiosプラグイン以上の3つです。

 理由を説明いたしますと、まず3つ自由に選べるというのですから、299ドル以下の199ドルとかのを選ぶと損した気になるので消去。あとは自分が必要だと思うものを手あたり次第デモしていきました。
 その中でOceanwayは一番に確定しました。349ドルだからではなくて、このプラグインのRe-Micという機能は他にはないと思いました。
 OceanWayStudioのマイキングを再現するプラグインなんですが、ライン録りしたエレアコの音源で試すと、最も効果を感じられます。ライン録音がまるでマイクで収録したような音に早変わり。ソフト音源のピアノも驚くほどの効果が得られます。
 Neve1073は売れ筋商品で、今買わなくても絶対欲しくなるだろうという安易な理由で選びました。
 リバーブ、EQと来たので、あとはコンプと思いまして1176シリーズかLA2Aのふたつまで絞り込み、こちらに決めました。
 理由はUAD2標準装備のレガシープラグインが数種類あり、その中に1176もLA2Aも入っているのですが、レガシーバージョンの1176も中々にいい出来なのと、1176もLA2Aも現行品のほうは負荷が高めなのでクアッドだとちょっとポンポン使うのにはちょっと厳しい。ミックス用途での使用はレガシーバージョンが中心になるだろうという判断し、LA2Aは音作りでの段階で使用する事が多くなりそうなのでバウンスするなら負荷も気にならないだろうという基準で選びました。もちろん出音のほうも考慮しましたが・・・。

 と、ここまでが選んだ理由です。

 他にも、AMSデジタルリバーブ、ManleyMassivePassiveなども候補には上がりましたが・・・。
マスタリングで使う機会が多い方などはManleyのEQとコンプはおすすめです。
 しばらく使用しての感想としましては、クアッドコアでは使用できる数がある程度限られますので、使いどころが肝心かもという印象です。気にせずバンバン使いたい方は頑張ってOctCustomにしましょう。
 あとバスコンプって実際UAD以外からもリリースされていますが、デモを試した感想はUADのバスコンプは優秀なものぞろいだと思いました。その中でもAPI2500が特にお気に入りなのでそのうち購入するんでしょうねw
 ちなみにUADってちょくちょく割引クーポンやセールがありますので、それらを有効に使うのもアリだと思います。DSP本体のセールはほとんどないですけどね・・・。
 
 199ドルを切るのでカスタムで選ぶのはもったいない気がしますが、アンプシュミレーターも魅力的なものが多いです。すでにAmpeg B-15ベースアンプを別途購入してしまいました。

 長くなりましたが今回の記事はこの辺で・・・
なかなかその価格からUAD2は手を出しにくいですが、その価値は十分あるのではないかと・・・自分に言い聞かせています。 
参考になりましたでしょうか?
 

2017年6月15日木曜日

ヘッドホン買った。・・・そのいきさつ。HD599を買ったわけ。

久し振りにブログを書く気になりました。
ツイッターでは長くなるからね。

ヘッドホン買いました。
今回はそのいきさつとかを書いてみます。

ちなみに今回は初の3万円台。後で調べたところ、2万台で売ってるところある!
まぁ、今回それほど値段を気にせず買ったんで・・・くっ!

まずは今回買ったのは
ゼンハイザーHD599。
通称プリン。
オープン型。

使った感想は思ってた以上に低音が出る。

で、スネアの音がね。気持ちよく抜けんの。

一番のいいところは音場が広く感じる。モニター用ヘッドホンの耳元でなってる感じが無い。定位がしっかり感じられる。









で、本題です。
なぜこれを買うに至ったかを書いていきます。
ヘッドホン選びの参考に・・・。
まずは今まではオーディオテクニカATH-M50xをモニタリング用に、リスニング用としてATH-A500を
使ってました。というか今でも使ってます。

 最近長時間ヘッドホンつけてることが多くなって、M50xだと疲れるし、A500だと音が物足りないと思っていた。
そこでまず、ATH-AD1000Xを買おうと思いました。
ATH-Aシリーズのウイングサポートの形状が僕の頭の形には一番しっくりくるし、オープン型の方が疲れにくいだろうという判断。

軽さもこの商品の魅力。

蒸れにくいからこれからの季節にもいいでしょう。





が!!!ここで、








オーテクがオープン型のモニタリング仕様機だと!?

モニタリングに特化したATH-R70Xなるものを発見。


ただ、このウイングサポートがAシリーズと違ってしっくりこないんですよ。頭の形は人によって違うんで人によってはこっちがいい人もいるんでしょうが・・・。












もうひとつ、問題が・・・。
どうも今使ってるATH-M50x低音出すぎなんじゃないって問題がお知り合いとのお話で、結構大きい問題になってきて・・・。
低音が出てること自体は問題じゃないんですが、やっぱり同じヘッドホンばっかで作業するとその傾向がミックスに出てくる。で、M50xでは低音が出てるんで、これ一個でミックスすると他の環境の人が聞くと低音が弱いと感じてしまうわけですね。
で、どうやらR70xにも近い傾向があるようで・・・。
ここは同じメーカーで選ぶよりほかのメーカーから選んだ方が、サブとしては正解なんじゃ・・・と思うようになりました。
AKG、ベイヤーダイナミクス、Sonyなどなどいろいろ検討してたわけですが・・・。
そもそもの目的は、頭にフィットして、オープン型で疲れにくい。
その基準で選び、導き出された答えがHD599となったわけです。


ちなみに今回いろいろ視聴した結果。

これは別格と思ったのは、ゼンハイザーHD700とHD800。

1m先ででっかいスピーカーから音が出てる感覚。

この感覚はほかのヘッドホンでは無かった。

さすがお値段だけのことはありますね。










もうひとつ気になったのはYAMAHAのHPH-PRO500。

意外とヘッドホンも頑張ってるYAMAHA。
モニター用としてはこの形はどうなんだろう?ってなりますが、リスニング用としてはナチュラルな音の傾向と思われる。

このオシャレ感、折りたたみ機能、DJの人は寄せ付けない構造など、プレイヤー寄りのはずのYAMAHAから?マークのつく商品ですが、ホールド感はすごく良かったんです。イヤーカップもちょうどよいサイズ。

もう1個、原音ナチュラル志向としてド定番のMDR-900STの購入をヘッドホン選びの時は迷わされるのですが、どうも付け心地の悪さが気になり見送り続けてるわけですが、HPH-MT8を含めYAMAHA製品が選択肢の一つとして急浮上しています。





経済事情が無ければ有無を言わさずHD700を買いますが、

最終的にHD599を選んだ理由は、付け心地はATH-Aシリーズの方が好みですけど、ATH以外では一番しっくりしたこと、そこそこナチュラルな出音、疲れにくそうという判断基準に当てはまっていたことです。

というわけで、HD599の出番としては普段の音楽を聴く時、作曲作業をする時はこちらを使い、ミックス中はまずドラム、キックの音作りは低音のクッキリしてるATH-M50xで行い、その後はHD599を中心に作業をする流れでやっていくと思います。

今回のヘッドホン選びではそれぞれのヘッドホンによって音の傾向が異なり、ミックス中もいろいろな環境を試すことの大切さを再確認できました。



2017年4月3日月曜日

ブログタイトル変更しました。

ブログのタイトルを「ボカロPの作り方」というタイトルから変更しました。

なぜ変えたかというと、DTM講座的ブログ多すぎる。と思ったのと・・・。
DTM講座的ブログ数の割には内容がどうなんだろう?っていうのが多いなぁと思ったので、僕もその一つになるのはどうなんだろうと思いましたのでここにきて変えました。
 いい記事のブログもたくさんありますよ。DTMブログ。僕もよく読みます。
 でも中にはほとんどよその受け売りな内容だったり・・・。
 深くは言及しませんが、カノン進行だけが音楽じゃない。コード進行だけで音楽作れるわけじゃない。基本はカノンと小室進行と・・・とかね。世代の差なのかなぁ?

 ちゅうわけでこのブログでは自分の曲の解説とか、いい音源やプラグイン見つけた時、Twitterで書ききれない時だけ更新します。
 メインはTwitterでたまにこっち更新するくらいのペースにします。

2016年11月26日土曜日

僕の黒金は終わりました。

せっかく書いてニコニコ静画にアップしてたんですが、誰も使ってくれた様子がないので自分で消費します。
 まだセール中ではありますが僕の中で戦いは終わった・・・というか弾がつきたんで終わりということにしときます。
 今回の戦利品。

PluginAllaianceのVSC-2
99ドルからさらにちょい値引き。
早めに手に入れたんですでにちょいちょい使ってますがすごくいい。
ちょうど作業中の曲があったんですが一段目コンプを全てこれに差し替えてしまいました。 特にスネアに挿すと音が抜ける感じがします。LR別の設定で掛けることができるのもポイントです。これはいい買い物をしたと心から言えます。


密かに日本限定で安売りしてたWavesBassRider。3100円
VocalRiderも本家サイトでセールがあったんで二つとも購入。
僕はどちらかと言うとがっつりオートメーションを書くタイプなので時間短縮のために購入。今の曲はベースが打ち込みなんで必要なく、まだあんまり試してない。僕のへたっぴベースの録音なら活躍してくれるでしょう。








ブレインワークス bx_console。
チャンネルストリップが欲しい。
そう思ってたんで購入。
StudioOneに付属のチャンネルストリップにいまいちトキメキを感じなかったんで、導入してみました。
 ミックスとかにかける時間短縮を狙ってのことですが(手を抜くんじゃなくてアレコレプラグインで迷う時間をなくそうというのが目的)慣れなのかまだ使いこなせてないです。まぁまだ買ったばっかだし、しゃあないか。
 Cubase付属のチャンネルストリップは便利だったと今頃になって思います。立ち上げなくてもすでに全チャンネルに常備されてますから・・・。
 






PSP MasterQ2 ブラックフライデーの前に安売りしてたんで購入。最近PSP熱が僕の中で再燃してまして、WavesGoldを買った後、初めて買った単品のプラグインはPSPでした。アナログ風のプラグインの中では結構あっさりとしたサチュレーションだと思います。
 絶妙な味付けです。
 これだけ好きなPSP。でもまだ、Vintage Warmerは持ってないみたいな・・・。






Novation Bass Station
ひっそりとPluginBoutiqueでセールしてたんで購入。いつかは実機をと思ってたんで、その予習のために。
 まだそれほど、使い込んではいないですが、似たようなプラグイン、フリーでもあったような無いような・・・。あくまで予習のためです。


 本命。U-he Diva。
U-heはセールしないと思ってた矢先バースデーセールと称してDivaがセールになったんで購入。
 やっぱ重い・・・。単体でCPUメーター振り切るレベル。マルチコアをオンにすればだいぶ改善されます。
 次回作で早速導入するぜぃ!




以上、これにAmpletubeMaxを追加で2016の黒金のお買い物は終了。
SofutubeのAレンジも欲しいがもうお金がありません。
BFDExpansionは欲しいものがセールなってなかったんで見送り。
SD2.0がビックリ価格になってたんでポチりそうになりましたが我慢。BFDに追加音源するよりSD2.0と使い分けた方が幅が広がるかもなんて屁理屈が思い浮かびましたが、一つの音源を徹底的に使いこんでからでいいという結論に達しました。
 セールばっか気になっててはどうかと思うので現在進行中の曲です。

数年前に初めの8小節くらいができていて、そこから頓挫して放置されていたんですが、今回引っ張り出してきて再構成しています。初めの8小節はサビのつもりで作ってたのが、Aメロに生まれ変わりました。
 最近の僕の傾向でやたら転調するんで、その気持ち悪さをベースとドラムがしっかり流れを作ってカバーできるように調整中です。
 どうもピアノの伴奏をつけるのが苦手です。経過音を入れる勇気が無い。
 サビのドラムはディスコビートを変化させたもの。最近はドラマーがちゃんと弾けるフレーズを心掛けてるつもりなんですがいかがなもんでしょう?
 ちなみにサビ以外の部分のドラムはリンゴスターのイメージで打ち込んでいます。
 決して手数は多くないけど、印象的だけどよく曲に馴染むリンゴスターのドラムが結構好きです。

 ボーカルはまだベタ打ちなんで、そこと全体の調整後、ミックスに入ります。